低所得者の反撃

年収150万の低所得者の反撃。

YouTuberを目指すうえでしてはいけないこと⁉︎

YouTuberを目指すうえでしてはいけないこと、もっと言えばエンターティナーがしてはいけないことになります。


私は昨年末から、あるオンラインゲームにハマっています。

そのゲームで面白い実況者がいまして、気に入ってそのオンラインゲームの動画があがればみています。

ただチャンネル登録数、再生回数が1万程度とトップYouTuberと比較すると少ない方です。

しかもそのゲームでなければ再生回数が取れない状況になっています。


ある日を境に何を血迷ったか、「実況はビジネス」を言い出すのです。

批判されれば「ビジネスだから仕方ない」と言い出す始末。


再生回数が少ないゲームの動画を見てくれなければ、再生回数が取れてるゲームの動画の配信数を減らす、またはやめる。

などと言い始めて炎上しました。


炎上商法で再生回数を稼ぎたい訳ではなく、本気で「そう」言ってしまったのです。


テレビ、ラジオ、漫画などのエンターテイメントで、不人気なコンテンツに興味を持ってくれなければ人気なコンテンツを無くす、減らすなんて言わないですよね。


ギャグでは無く本気で言ってしまっては反感を買ったり、批判されます。

人の興味の有無、好き嫌いは個人の自由ですからね。


当たり前ですが、娯楽は強制されれば娯楽ではなくなります。


このことからYouTuber、もっと言えばエンターテイメント、人を楽しませるのにやってはいけないことは、強制的に自分のコンテンツを押し付けることです。


焦って強制させる様な事は絶対にしてはいけません。


人気が出ないのには、何かしらの理由があるのです。


再生回数が少ないからって、視聴者が興味のない動画の視聴をススメてはいけません。


YouTuberを目指す人は気をつけましょう。